JAPAN STREET DANCE ASSOCIATION

後援活動

  • TOP
  • »
  • 支援活動 » 
  • その他

その他

★JSDA検定がリニューアルされました★


1.検定レベル名称が変わる!

これまでオープン/プレ・エレメンタリー/エレメンタリー/プレ・インターミディエイト/インターミディエイトと呼称していたレベル名称を5級~1級とし、より多くの方に認知されやすい名称に変更しました!


2.自分のスキルにあった受検ができる!

1級(旧インターミディエイト)までは小学校1年生から他のライセンスを取得してなくても挑戦できます。これまで受検を迷っていた人も自分のスキルに合わせてチャレンジできます!


3.カリキュラム内容のリニューアル

ステップ&ムーヴの項目を増加したことにより,さらに精密なスキル評価になりました!




★JSDA検定を受検するメリット★


1.ダンスライセンスが取得できる

「水泳の級」や「柔道の段」、「英検」や「漢検」などのように、級を持つことはその分野の技術の証明になり、ダンススキルの証となります。普段、努力している事をしっかり形にしましょう。


2.オーディションの優先通過
エイベックス・プロワークスより提供されるオーディションにおいて、ライセンスレベルをもとに審査を優先的に通過する事ができます。


3.試験結果表の配布
受検者全員に各ステップ別の点数が入った試験結果表を合否結果と一緒に配送いたします。

自分の得意分野・弱点をみつけて、ステップアップにつなげましょう。

4.ワークショップ・イベントの優先受講
 世界で活躍するトップダンサーやアーティストと共演できるイベントやワークショップを優先的に受講できます。


目標を設定してステップアップ!

JSDA公認ストリートダンス検定は、個人のレベルに応じて6つの級を設定しています。
ダンスの基本・基礎を身につけ、一歩ずつ確実にステップアップできる5級・4級。
ダンススキルの幅を広げ基礎~応用力を身につける3級・2級。
そして、さらに表現者として国内外で高く評価される1級・アドバンス。
個人のダンスレベルに応じて、どの級からでもチャレンジできダンススキルが把握できます。

ダンス検定はダンススキルを測るだけでなく、同時に新たな目標を設定できる試験となります。
ひとつ上の級を目指して練習することが、個人の目標とするダンススキルを身につける近道になります。


  • 1級

  • さらなる上級者向けのステップ/ムーヴ/リズムの応用全般をマスターし、与えられた振付及び表現(ソロ・パフォーマンス)ができるレベル

  • 2級

  • 上級者向けのステップ/ムーヴ/リズムの応用全般をマスターし、与えられた振付及び表現(ソロ・パフォーマンス)ができるレベル

  • 3級

  • 中級者向けのステップ/ムーヴ/リズムの基礎全般をマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

  • 4級

  • 初心者向けのステップ、 基礎となるリズム全般をマスターし、与えられた振付を踊ることができるレベル

  • 5級

  • 音を聞きカウントを取りながら腕、胸、膝を使った簡単なステップを踏むことができるレベル


イベント一覧へ