• ログイン
  • Q&A
  • JSDA後援申請
  • お問い合わせ

ストリートダンス検定

  • TOP  » 
    • ストリートダンス検定  » 
      • 検定概要

2016年度検定概要

2012年度よりダンスの義務教育がスタートし、今後ダンスの世界は大きく広がっていきます。
私たちJSDAは日本のダンスレベルをより高め、世界へ挑戦出来る機会を創出し、支援していきたいと考えています。
ダンスイベントの後援、スキルレベルの整備、企業からのダンスワークに対する的確な人材提供など、優秀なダンサーに多くの機会や支援を行い、今後の様々なニーズに応えるためストリートダンス検定を実施しています。

 


エイベックス・プロワークスより提供されるオーディションにおいて、ライセンスレベルをもとに審査を優先的に通過する事ができます。


取得ライセンスレベルをもとに上位クラスへのテストが免除されます。


世界で活躍するトップダンサーやアーティストと共演できるイベントやワークショップを優先的に受講でき、

アドバンスライセンス取得者にはスキル向上のためのレッスンを付与し、優先的なダンスワークの提供をいたします。

 

 

検定レベル基準表

 

JSDA公認ダンスライセンス報告シート

JSDA公認スタジオの受講生で、所属しているスタジオへ現在保有しているJSDA公認ダンスライセンスを報告される方は、報告シートを印刷し必要事項を記入後提出をして下さい。

JSDA公認ダンスライセンス報告シート報告シート

 

受検概要

 


※1. 2017年3月31日までに16歳になる方が対象です。
※2. JSDA準会員とは、JSDA本会員登録サービスを導入していないエイベックス・ダンスマスター受講生

 

 


※1. 2017年3月31日までに16歳になる方が対象です。
※2. JSDA準会員とは、JSDA本会員登録サービスを導入していないエイベックス・ダンスマスター受講生