• ログイン
  • Q&A
  • JSDA後援申請
  • お問い合わせ

イベント後援申請

  • TOP
    • イベント後援申請

イベント後援申請概要

概要 JSDAはさらなるダンス文化の普及・振興のため、サポート活動の一環としてイベントの後援活動を行っております。
JSDAの理念

JSDAの理念 JSDAが目指すダンスの未来

1、ダンサーの社会的信用・地位の向上を目指します。
2、活躍・表現の場を創出し、世界に羽ばたくダンサーの活動を支援します。
3、ストリートダンスの普及・発展を促進し、ダンスビジネスの確立・マーケットの拡大に貢献します。


DANCE VALUE CYCLE -ダンスバリューサイクル- JSDAが考えるこれからのダンスの未来
ダンスが生み出すさまざまな”Value(価値)”を循環させ、成長するためのモデルです。
ダンスによってひとつの夢が実現し、そのひとつひとつが、ダンスの未来を発展させ、飛躍的に成長させる、そんな”成功”が循環する社会づくりを目指しています。

後援内容

■プロモーションのサポート

・JSDAサイト及びSNS等での後援イベントの告知
avex proworks(エンタテインメントの情報提供・行動支援サービス)登録会員へのメール配信(登録数:約18,000名)※2015年1月時
・JSDA会員用会報誌「MORe Dance」(年4回発行)への掲載

     

■後援金の提供

JSDAではストリートダンスの普及・発展を促進し、世界に羽ばたくダンサーの活動を支援しております。
ストリートダンスの普及・発展を促進し、ダンスビジネスの確立・マーケットの拡大に貢献をしていく考えに賛同いただけるイベント様に対して、サポートとして後援金を提供させていただきます。
※上記 <プロモーションのサポート>、<後援金の提供>の実施可否については申請内容をもってJSDA運営事務局にて判断させていただきます。


各種規約
■個人情報の取り扱いについて
・エイベックス・グループの個人情報保護方針に従って個人情報の適正な収集・利用・管理等に取り組んでおります。
・必ず以下の弊社個人情報保護方針をご確認、同意頂いた上でお問合せ下さい。
・個人情報保護方針=>http://www.avex.co.jp/privacy/index.html
「JSDAイベント後援申請」利用規約
「JSDAイベント後援申請」(以下「本サービス」といいます)はエイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社(以下「当社」といいます)が提供するサービスです。本サービスをご利用いただくには、この利用規約に同意していただく必要があります。

第1条(目的)
本サービスは、利用者が主催・運営を行う各種イベント等(以下「対象イベント」といいます)について、本サービスを通じて当社にその後援を申請し、当社は申請内容を審査し、後援するか否か、後援する場合その内容等を決定した上で、審査を通過した対象イベントについて各種後援を行うことをその目的としています。

第2条(利用規約)
この利用規約(以下「本規約」といいます)は、本サービスの利用申込、その他本サービスの利用に関する一切の場合について適用するものとし、本サービスの利用を申し込んだ時点で本規約の内容を承諾したものとみなします。

第3条(利用料)
本サービスは無料でご利用いただけます。

第4条(利用の手順)
本サービスの利用の手順は以下の通りです。
① 利用者は「申請フォーム」にて対象イベントの概要を登録し、当社に後援の申請を行います。
② 当社は①の申請内容を審査し、後援の可否、及び後援内容を決定の上、利用者に通知します。
③ 当社は利用者に「JSDAロゴ」を送付します。(当社が後援を行う場合のみ。以下同じ。)
④ 利用者は「JSDAロゴ」を付した対象イベントの広告・宣伝物(Webサイト、フライヤー・ポスター等)を作成します。尚、当該広告・宣伝物を印刷する前に当社にそのデザインを提示し、了承を得るものとします。)
⑤ 当社が対象イベントへの後援を行います。
⑥ 利用者は、対象イベント終了後、本サービスの「報告フォーム」を利用して当社に対象イベントについて報告を行います。
⑦ 報告完了後、利用者に後援金をお支払いします。(後援金をお支払する場合のみ)

第5条(利用申し込み・申請)
1. 利用者は「JSDAイベント後援申請書」フォームを利用して対象イベントの概要を登録し、当社に後援の申請を行うものとします。
2. 登録された対象イベントの概要に、虚偽や不正があった場合、当社は後援を中止することが出来るものとします。

第6条(申請内容の審査及び審査結果の通知)
当社は、前条の申請を受け付けた後、申請内容をもとに、当社にて後援の可否、後援する場合その内容を検討の上、利用者に通知します。

第7条(利用者が行うこと)
1. 当社が対象イベントの後援を行う場合、利用者は以下のことを行うものとします。
① 当社より提供する「JSDAロゴ」を、フライヤー、チラシ、TV・雑誌広告等の対象イベントの広告物に掲載する。なお、利用者は本項本文の広告物を複製、印刷する前に、当社に提示し掲載方法について当社の同意を得る。
② 当社より提供するJSDAのポスターを、対象イベントの入場者が視認できる場所に掲示する。
③ 当社より提供するJSDAのフライヤーを、利用者が「JSDAイベント後援申請書」フォームを通じて申告した予想集客数分配布する。
④ 対象イベントの当日、JSDAのコマーシャル映像を放映する。但し、対象イベントの会場の都合により、放映出来ない場合には、別途当社と利用者との間で協議する。
⑤ 利用者は、対象イベントを実施する際、JSDA本会員への特典を用意すること。但し、事情により特典を設けることが難しい場合には、別途当社と利用者との間で協議する。
2. 利用者が前項に定める行為を行わない場合、当社は後援を中止することが出来るものとします。

第8条(当社による後援)
当社による後援の内容は以下の通りとします。当社が提供する後援の内容は第6条の申請内容の審査の際に、検討し決定します。
① 対象イベントのプロモーションサポート
② 対象イベントへのダンサー・出演者等のキャスティング
③ 対象イベントへの後援金の提供、及び「JSDA賞」の設定
④ その他当社が指定する後援

第9条(後援①:プロモーションサポート)
1. 当社は、プロモーションサポートとして、申請内容に基づきその可否を検討した上で、次の各号の中から一つ又は複数を利用者に提供します。
① JSDAオフィシャルWebサイトでの対象イベントの告知
② JSDAオフィシャルSNSでの対象イベントの告知
③ JSDA会員用会報誌「MORe Dance」(年4回発行)での対象イベントの告知掲載
④ その他当社が指定する媒体における対象イベントの告知
2. 利用者は、当社が前項のプロモーションサポートをするに際し必要となる、広告宣伝素材(チラシ・ポスターのデータ、告知用の文言等)を当社に提供するものとします。

第10条(後援②:ダンサー・出演者等のキャスティング)
当社は、後援内容の一つとして、利用者の希望があった場合、申請内容に基づきその可否を検討したうえで、「ゲストダンサー」や「JSDA公認審査員」等の、対象イベントへの出演を手配します。

第11条(後援③:後援金の提供・「JSDA賞」の設定)
1. 当社は、申請内容に基づきその可否を検討したうえで、対象イベントに対し、後援金を提供します。尚、後援金の額は次条に基づく利用者からの報告内容に基づき当社が決定するものとします。
2. 当社は、申請内容に基づきその可否を検討したうえで、「JSDA賞」を設定し、対象イベントにて授賞することを認めます。
3. 「JSDA賞」の設定にあたっては、事前に利用者は当社に対して「JSDA公認インストラクター」(以下「インストラクター」といいます。)の派遣を求める必要があります。当社は利用者に対して、有償でインストラクターを派遣します。費用については、別途当社と利用者との協議により定めます。
4. 後援金は、利用者が次条に定める対象イベントの報告を行い、当社がその報告を適正なものと認めた後に、利用者が指定する口座に振り込み、支払います。
5. 利用者が行った次条に定める対象イベントの報告が、次条で定めている項目を充たさないなど、当社が不十分であると判断した場合には、後援金を支払わない場合があります。

第12条(対象イベント終了後の報告)
1. 利用者は対象イベントが終了したあと、当社に対し、本サービスの「報告フォーム」を利用して対象イベントの催行状況及び第7条第1項に基づき利用者が実施した内容を報告するものとします。
2. 利用者は前項の報告の際、イベント催行中の写真(イベントの様子、JSDAのポスター、JSDAのバナー等が写っているもの)を当社に提供するものとし、当社は本サービスの宣伝のため、又はJSDAの宣伝のために、事前に利用者に承諾を得ることなく、無償で、利用者から提供された写真を利用し、又は第三者に利用させることができるものとします。また、当社又は当該第三者はこれらの利用の際に、提供された写真の切り取りや色調補正など各種加工を行うことができるものとします。
3. 前項に加え、当社は利用者に対し、対象イベントの映像素材、ロゴデータ、フライヤーデータなどの提供を求めることができ、利用者はこれに応じるものとします。当社は本サービスの宣伝のため、又はJSDAの宣伝のために、これらの素材及びデータを適宜、加工・修正した上で、自ら利用し、又は第三者に利用させることができるものとします。
4. 利用者は、本条に従い当社に提供する写真、映像、ロゴデータ、フライヤーデータ等を、当社が前項に従って利用することについて、当該写真、映像、データについての一切の権利者(著作権者、及び被写体となる人物等を含む)から、事前に了承を得るものとします。
5. 利用者は、第1項の報告をする際には、対象イベントの最終集客数を報告するものとします。

第13条(禁止事項)
1. 利用者は本サービスの利用に際し、以下の行為を行ってはならないものとします。
① 後援申請の際、利用者情報に虚偽又は不正の内容を登録する行為
② 他の利用者、第三者もしくは当社に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
③ 他の利用者、第三者もしくは当社の商標権、著作権、プライバシーその他の権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
④ 犯罪行為、公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為
⑤ 本規約に違反する行為、又は本サービスの運営もしくは当社の営業を妨げる行為
⑥ その他、当社が不適当と判断する行為
2. 利用者が本条の禁止事項を行った場合、当社は直ちに後援を中止し、当該利用者の爾後の利用を禁止することが出来るものとします。

第14条(権利帰属)
本サービスの名称、本サービスのシステム、本サービスを提供するウェブサイト、及び本サービスを通じて当社が利用者に提供する一切のコンテンツ(「JSDAロゴ」を含む)に係る商標権、著作権を含む一切の権利は当社に帰属します。

第15条(非保証)
当社は、本サービスについて、利用者の期待する水準に達していること、特定の目的に適っていること等に関し、いかなる保証も致しません。

第16条(個人情報の取扱い)
本サービスを通じて、利用者から提供された個人情報は、次の各号の利用目的と関連する範囲に限り、エイベックス・グループが別途定める「エイベックス・グループ個人情報保護方針」に従い、当社及びエイベックス・グループ各社が利用するものとします。
① 利用者に本サービスを提供するため
② 利用者に本サービスの利用の確認を行うため
③ 利用者に本サービスに関連する情報を提供するため
④ その他本サービスに関連する利用のため
⑤ 前三号のほか、「エイベックス・グループ個人情報保護方針」に定める利用目的のため

第17条(損害賠償)
利用者は、本サービスの利用に際し、自己の責めに帰すべき事由により当社またはその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。

第18条(準拠法・裁判管轄)
1. 本サービスの利用並びに本規約の適用及び解釈は、日本法に準拠するものとします。
2. 利用者は、当社との間で本サービス又は本規約について訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所、又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

第19条(問合せ先)
本サービスに関する問合せ先は、次のとおりです。
info@jsda.info
*********
後援申請はこちら