日本ストリートダンス協会規約

第一章 総則

第1条(名称)

本協会は「日本ストリートダンス協会」(英文名をJapan Street Dance Association 略称をJSDAといい、以下「本協会」という)と称する。

第2条(事務局)

本協会は、その事務局を以下の所在地に置く。

東京都港区南青山三丁目1番30号 エイベックスビル
エイベックス・マネジメント株式会社内

 

第二章 目的及び事業

第3条(目的)

本協会の目的は以下の通りとする。

① ダンサーの社会的信用及び地位を向上させること
② ダンサーが活躍・表現する場を創出し、世界に羽ばたくダンサーの活動を支援すること
③ ストリートダンスの普及及び発展を促進し、ダンスビジネスの確立及びマーケットの拡大に貢献すること

第4条(事業)

本協会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。

① ストリートダンサーの技術レベルを評価・認定する検定試験(以下、「JSDA公認ストリートダンス検定」という)の実施
② 「公認ライセンスカード」の発行に関する業務
③ 「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験」に関する業務
④ ストリートダンスレッスンプログラムの公認に関する業務
⑤ ストリートダンスのインストラクターの公認に関する業務
⑥ ストリートダンスに関するイベントの開催
⑦ メールマガジンの作成及び配信
⑧ JSDA会報誌「MORe Dance」の発行に関する業務
⑨ 会員の入退会に関する業務
⑩ その他、目的を達成するために必要と認める業務
⑪ 各地のダンススタジオとの提携に関する業務(ダンススタジオサポートシステム)

 

第三章 会員

第5条(会員の定義)

1. 本協会の会員は個人に限られ、種別は次の通りとする。

① 本会員
② 準会員

2. 本会員とは、本協会の趣旨に賛同し第8条に定める「本会員登録手続」を完了した者をいう。
3. 準会員とは、第26条に定める「日本ストリートダンス協会公認プログラム」の受講生の受講生のうち、本会員でない者をいう。尚、準会員は本会員登録をすることにより本会員となることができる。
4. 本協会は、本規約に定める会員の他、理事会の議決又はエイベックス・マネジメント株式会社(以下「AMG」という)により別途定める種類の会員を創設することができる。

第6条(会員特典)

1. 本協会は、本会員に対し以下の特典を提供する。

① 「JSDA公認ストリートダンス検定」の受検料割引
② 「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験」の受験料割引
③ 本協会が主催するイベントの招待・割引
④ エンタテインメントに関する行動支援及び情報提供サービス「avex proworks」の提供
⑤ 検定試験対策情報の提供
⑥ JSDA会員限定オーディションへの出場資格の付与
⑦ 会員限定ワークショップへの参加資格の付与
⑧ その他本協会が定める特典

2. 本協会は、準会員に対し以下の特典を提供する。

① 本会員になった場合の会費の優遇
② 「JSDA公認ストリートダンス検定」の受検料割引
③ 「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験」の受験料割引
④ 本協会が主催するイベントの招待・割引
⑤ エンタテインメントに関する行動支援及び情報提供サービス「avex proworks」の提供
⑥ その他本協会が定める特典

第7条(入会資格)

本協会の入会に際し、国籍・性別・年齢は不問とするが、入会希望者が未成年の場合は親権者の同意を必要とする。

第8条(本会員登録手続)

1. 本協会の本会員になろうとする者は、本規約に同意の上、JSDAのオフィシャルWebサイト(http://jsda.info)より本会員登録の申し込みを行い、当協会の承認を得なければならない。
2. 前項の承認を受けた者は、遅滞なく次条に定める会費を納入するものとし、会費の納入により本会員登録手続は完了する。
3. 前二項の規定にかかわらず、AMGが運営する「エイベックス・アーティストアカデミー」の受講生となることにより本会員となる資格を獲得した者は、登録の申し込み及び当協会の承認の手続きを省略することができ、かつ会費の納入を要しないものとする。
4. 本条第1項及び第2項の規定にかかわらず、全国各地のダンススクールが導入するダンスプログラム、「エイベックス・ダンスマスター」(但し、本協会と提携するダンススクールが導入するものに限る。以下同じ。)の受講生となることにより本会員となる資格を獲得したものは、登録の申し込み及び当協会の承認の手続きを省略することができ、かつ会費の納入を要しないものとする。

第9条(会費)

1. 本協会の3年分の会費は以下の通りとする。 

金10,000円(税抜)

2. 前項の規定にかかわらず、第5条第3項に従い、準会員が別途、本会員登録を行うことにより本会員となる場合、会費は以下の通りとする。

[本会員になってから最初の3年間の会費]
金5,000円 (税抜)

3. 入会希望者が納入した会費及び第10条に定める更新料は、本会員登録申し込みの撤回、第11条列挙事由に基づく会員資格の喪失など、いかなる理由があっても返金されない。ただし、本協会の責に帰すべき事由がある場合はこの限りではない。

第10条(有効期限及び更新)

1. 本会員の会員資格は本会員となった日から効力を発し、本会員となった日から3年を経過した後に最初に到来する3月末日、又は9月末日まで有効とする。
2. 本会員は本協会に対し有効期限満了までに更新の意思を表示し、第9条第1項に定める会費と同額を更新料として納入することで、本会員資格の有効期間をさらに3年間延長することができ、以降も同様とする。
3. 前項の規定に関わらず、第5条第3項に従い準会員が本会員になった場合における本会員であり、かつ有効期限が満了する時点において第26条に定める「公認プログラム」の受講生である者は、本協会に対し有効期限満了までに更新の意思を表示し、会費として以下の金額を支払うことで有効期間をさらに3年間延長することができ、以降も同様とする。

金5,000円(税抜)

4. 前三項の規定にかかわらず、「エイベックス・アーティストアカデミー」又は「エイベックス・ダンスマスター」の受講生となることにより本会員となった者の会員資格は、当該会員が「エイベックス・アーティストアカデミー」又は「エイベックス・ダンスマスター」の受講生である限り有効とする。
5. 準会員の会員資格は、第26条に定める「日本ストリートダンス協会公認プログラム」の受講生である限り有効とする。ただし、準会員が本会員になったとき、準会員としての会員資格は終了するものとする。

第11条(資格の喪失)

本会員は、前条に定める有効期限の満了の他、次の各号の1つに該当するときは、その資格を失う。

① 第13条に基づき、除名されたとき
② 第29条に基づき、本協会が解散したとき

第12条(退会)

1. 本会員が退会しようとするときは、所定の退会届を理事長宛に提出しなくてはならない。
2. 退会した者は本会員としての一切の権利を失い、既に納入した会費、その他、本協会の資産に対し、何等の請求をすることが出来ない。
3. 第5条第3項に従い準会員が本会員になった場合における本会員が退会した場合、当該退会者は、準会員としての資格を有する限り、準会員となる。

第13条(除名)

1. 本会員が次の各号の一つに該当するときは、理事会の議決によって除名することができる。

① 本協会の名誉を汚し、又は信用を失う行為があったとき
② 本協会の規約に違反する行為があったとき
③ 会費の支払が遅延したとき

2. 除名された者は本会員としての一切の権利を失い、すでに納入した会費、その他本協会の資産に対し何等の請求をすることができない。

 

第四章 本協会の運営、役員及び会議

第14条(本協会の運営)

本協会の運営は、第18条に定める理事会により行う他、AMGがこれを行うものとする。

第15条(役員)

1.本協会には次の役員を置く。

① 理事長 1名
② 理事  3名以上

2.理事長はAMGがこれを指名して選任し、理事は理事長がこれを指名して選任する。

第16条(役員の職務)

1. 理事長は本協会を代表し、本協会の会務を総理する。
2. 理事は、理事会を組織し会務を執行する。

第17条(任期)

1. 役員の任期は3年とする。役員の補欠があった場合、前任者の残任期間を補欠した役員の任期とする。
2. 役員は再任されることができる。

第18条(理事会)

1. 本協会の会議は理事会とし、理事会は理事長、及び理事をもって構成される。
2. 理事会の議長は、理事長がこれにあたる。
3. 理事会は、理事長が必要と認めたときこれを開催するものとする。

 

第五章 資産及び会計

第19条(資産)

1. 協会の資産は、以下に挙げるものより構成される。

① 入会金及び会費
② 事業に伴う収入
③ その他

2. 本協会の経費は、協会の資産をもって支弁する。

第20条(事業年度)

本協会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

第六章 ストリートダンス検定

第21条(検定)

1. 本協会は、ストリートダンサーの技術レベルを評価・認定するための検定試験である「JSDA公認ストリートダンス検定」を実施する。
2. 検定に関する詳細は、別途定める「JSDA公認ストリートダンス検定規約」(以下、「検定規約」という)及び「JSDA公認ストリートダンス検定実施要項」(以下、「実施要項」という)に拠るものとする。

第22条(合否通知)

本協会は、前条に定める検定の合格者に合格通知を、不合格者には不合格通知を発行する。

第23条(公認ライセンスカード)

1. 本協会は、第21条に定める検定の合格者に対し、「公認ライセンスカード」を発行する。尚、「公認ライセンスカード」は、その発行を受けた者が、受検したJSDA公認ストリートダンス検定における検定レベルに求められる水準に達することを証明するものである。
2. 公認ライセンスカードは無償で発行する。但し、紛失等の理由により公認ライセンスカードの再発行を希望する場合は、再発行手数料5,000円(税抜)が必要となる。

 

第七章 JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験

第24条(模擬試験)

1. 本協会は「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験」(以下、「模擬試験」という)を実施することができる。
2. 本協会は、模擬試験の結果として「JSDA公認ストリートダンス検定」の各受検レベルの合否の可能性を通知する。(既に合格している受験レベルを除く。)
3. 模擬試験は、エイベックス・アーティストアカデミー(ダンスコース)におけるクラス進級のためのスキルチェックテストを兼ねるものとする。
4. 模擬試験に関する詳細は、別途定める「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験受験規約」(以下、「模擬試験受験規約」という)及び「JSDA公認ストリートダンスレベル模擬試験実施要項」(以下、「実施要項」という)に拠るものとする。

第25条(受験結果)

本協会は、模擬試験の受験者に対し、「レポート」を発行し受験結果として通知する。尚、結果表の通知時期、通知方法は模擬試験受験規約、及び実施要項に記載する。

 

第八章 ストリートダンスレッスンプログラム等の公認

第26条(レッスンプログラムの公認)

本協会は以下のダンスレッスンプログラムを「日本ストリートダンス協会公認プログラム」として認定する。

① エイベックス・アーティストアカデミーの各プログラム
② エイベックス・ダンスマスターの各プログラム
③ その他、理事会の議決又はAMGの指定により公認を決定したプログラム

第27条(インストラクターの公認)

本協会は、本協会が適格と判断したインストラクターを「公認インストラクター」として認定する。

 

第九章 本規約の変更及び解散

第28条(本規約の変更)

本規約の内容について、理事会の議決により、会員に対して事前に通知することなく変更、追加、削除することができるものとする。

第29条(解散)

1. 諸般の事情により、本協会の事業の運営が困難になった場合、理事会の議決により本協会は解散する場合がある。
2. 前項に定める解散に起因して会員、又はその他の第三者が被った損害について、本協会は一切責任を負わないものとする。

 

第十章 その他

第30条(権利帰属)

本協会の事業に関連して発生した著作権、商標権等を含む一切の権利は本協会に帰属するものとする。

第31条(個人情報の取扱い)

本協会の事業に関連し本協会が取得した、会員及び入会を希望するものの個人情報は、以下に挙げる利用目的に限り、エイベックス・グループが別途定める「エイベックス・グループ個人情報保護方針」(http://www.avex.co.jp/privacy/)に従って、JSDA、AMG、及びエイベックス・グループ各社が利用する。

① 本会員登録を申し込んだ者に対し、本会員登録を承認する旨を通知するため
② 本協会が主催するイベントに関する案内等を提供するため
③ 本協会が提携するダンススタジオに提供し、当該ダンススタジオに在籍することを確認するため
④ 会員又は入会を希望する者が利用し又は会員登録等を行っている、エイベックス・グループが提供する各種サービスと連携するため
⑤ その他「エイベックス・グループ個人情報保護方針」に記載された利用目的のため
⑥ 前各号の他、本協会の事業に関する利用のため

第32条(免責事項)

会員、又は入会希望者が、本協会への本会員となったこと、または本会員登録の申込みを行ったことに関連し、何らかの損害、損失、不利益などを蒙った場合でも、本協会は一切責任を負わないものとする。

第33条(裁判管轄)

本協会に関連し、会員又は入会希望者と本協会の間で訴訟が生じた場合、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とする。

第34条(権利義務の譲渡禁止)

受講生は、本規約に基づくいかなる権利又は義務も第三者に移転、譲渡することはできません。

附則
・ 本規約は、2010年8月1日よりこれを施行する。
・ 2012年6月1日改訂
・ 2012年11月28日改訂
・ 2013年5月8日改訂
・ 2014年1月30日改訂
・ 2014年12月17日改訂
・ 2016年3月18日改訂
・ 2017年6月12日改訂
・ 2018年9月14日改訂